HOME > 肩こり首コリ頭痛  緊張型頭痛の原因となる筋肉などの解説
head_img_slim

お問い合わせをお待ちしております
TEL. 0465-83-0380
営業時間 AM10:00 〜 PM21:00
受付は午前8時より

慢性頭痛の原因となる筋肉、症状について

緊張型(筋収縮性)頭痛1関連する後頭下部の筋肉群について

後頭下筋群のトリガーと関連痛
後頭下TP頭痛関連痛頭痛後頭下1後頭部下頭痛TP







後頭部から側頭部をまわり、目の周囲に起こる関連痛について書いてみます。

視線が安定るるように頭部を支えながら、繊細な動きをする筋肉、後頭下筋群(2,3番目の画像の赤い部分)です。疲労もたまりやすく、デスクワークの方やスマホ症候群の方の多くにここに硬いコリが見られます。

コリが過敏になりトリガーポイント化しますと、後頭部から側頭部をまわり目の周囲に頭痛と感じる関連痛を引き起こすとされております。
 
私の経験では、後にあげる他のトリガーポイントも同時に活性化してることが多いと思います、後頭部から頭頂部、額までの関連痛が同時に出現している方に多々出会います。後頭部の神経を圧迫し神経痛をひきおこしたり、脳へ栄養を送る大事な動脈を圧迫しめまいも起こします。

このタイプの頭痛の原因の一つとして、メンタル面、ストレスも大きく影響し、ここの筋肉の緊張をおこします。
ネット上でこの症状と精神安定薬の作用について、効果のあれこれを調べてる方が多いようです。筋肉弛緩作用を狙ってこの類の薬を処方されるお医者様がいるのでしょうし、使用される方も多くいらっしゃるのでしょう。神経系に作用する薬が、この頭痛の改善に影響することが、筋弛緩作用だけではなくメンタル面のとの関連を示唆してるのではないでしょうか?


トリガーの不活性化には、はり治療 鍼灸や指圧による的確なポイント刺激が必要です。ツボがズレる施術や、軽めのマッサージが逆に神経を興奮させてコリ感や頭痛を増強させるパターンもあり、刺激量にはとても気を遣う部位です。尚この筋肉群の大後頭直筋上には頭痛の特効ツボである、天柱穴、風池穴があり、はり治療に用いられることが多いです。

 

緊張型頭痛2 目の奥とその周囲に関連痛を出す筋肉

頭半棘筋のトリガーと関連通

半棘筋頭痛関連痛頭半棘筋 頭半棘筋は頸の筋肉の中でもかなり太い筋肉です。こちらも緊張型頭痛の原因となる筋肉の一つ。

一般的には目の奥や周囲に関連痛を出すことが多いとされております。緊張すると頸の骨の間から出てくる神経を圧迫するため、トリガーポイントの関連痛の概念と異なる【後頭神経痛】と言う症状が出てくることもあり、そのような方の頭皮に指圧・マッサージを行うと、鋭い痛みを出すポイントがところどころあり、状態によっては額までピリピリ感が出ることがあります。

医師の治療になりますが、後頭神経痛としてペインクリニックの適応になることもあり、ブロック注射を打つ部位は東洋医学での頭痛の特効ツボ「天柱穴」・・(天柱ブロック)を使うこともあります。

額や目の周囲に出る痛みを頭半棘筋トリガーポイントの「関連痛」と言うよりは神経痛として治療を行うこともあります。

 

緊張型頭痛3 頭の上部に痛みを感じさせる筋肉

頭板状筋トリガーと関連痛

板状筋頭痛関連痛頭板状筋TrP 頭痛を引き起こすトリガーとして代表的な筋肉です。この筋肉は頭頂部に関連痛を生じます。
表面の大半を僧帽筋と胸鎖乳突筋と言う別の筋肉で覆われていますが、後頸部のわずかな窪みから触れることが出来ます。
筋肉の中央付近とやや下部ににトリガーポインが出来ますが、頭蓋骨の筋肉付着部を重点的に指圧で血流改善させ、鍼(はり)で頭蓋骨骨膜付近を刺激すると心地良い鍼響が得られ筋肉が緩みます。

尚東洋医学での頭痛の特効ツボである天柱穴風池穴はこの筋肉上にあります。下部は主にマッサージ、上部は指圧を用いております。

 

緊張型頭痛4 めまい 聴力変化も起こすことがある筋肉

胸鎖乳突筋トリガーと関連痛 (頭痛、めまい、聴力変化等)
胸鎖乳突筋頭痛関連痛胸鎖乳突筋TrP この筋肉にトリガーが出来ると厄介です。関連痛は頭部にでますが、自律神経症状としてのめまいやふらつき、目の充血、聴力低下を引き起こすことがあるようです。
また、この部位はやや施術しにくく、指圧とはやや違う筋肉をつまみながら緩める筋膜マッサージに近い手技を用い、かなり痛みを伴います。
無意味な荒療治はよくありませんが、逆にリラクゼーション的な軽いマッサージでは更にトリガーを活性化させてしまうケースがあるようです。トリガーが活性化してる状態では軽くつまみ上げるだけでも強い関連痛を生じます。適切な刺激量を用いてトリガーを不活性化させていきます。

生まれつきの斜頸の方はこの筋にかなり頑固なトリガーが出来ている方が多いです

 

頭痛 緊張型頭痛と関連する神経痛(上大後頭神経痛)

頭の血管がどうにかしてしまったのか!?と思う程の痛みを出すこともある神経について
緊張型頭痛持ちの方々と切っても切り離せない症状とも言える(後頭神経痛)頸のコリ固まった筋肉の圧迫が原因の一つとなる、神経の痛みシビレです。

一番目の画像は簡略化した模型で、黄色の部分が神経に模した部分、赤い部分は筋肉の簡単な模型として解説させて頂きます。


実際には何層もの筋肉を貫いて表面に出てくるこの神経ですが、表層の筋肉の隙間の下にさらに首コリに関連する筋肉がいくつも構えております。


重苦しい肩こり首コリに悩む方々でしたらもしかすると、このイメージ模型で何となく想像つくかもしれませんが、この凝り固まった筋肉が、この黄色い部分の大後頭神経を圧迫することで出てくる症状となります。筋肉の緊張が神経痛を起こすのか、他の要因で起きる神経痛が筋肉の緊張を起こすのかは微妙なところですが、基本的には筋肉の締め付けから起きる症状とされており、治療には神経の締め付けを解いてあげることがポイントとなります。

頭痛治療の特効ツボ、「天柱」「風池」穴への指圧マッサージ・針はこの症状にはとてもよく効きます。

この「天柱」穴は、後頭神経痛の患者様に対し、医師の行うペインクリニックの領域でも
「天柱ブロック」として使うこともある程の重要穴です。

この神経の締め付けが強い状態で、急に後ろを振り向いたりすると、ズキン!!からバッチ〜〜ッン!!と感じる、とんでもない痛み(頭の血管に何かあったのでは?とも思えるような痛み)が出ることがあり、体験された方はあまりの痛み方が心配になり脳外科等を受診されるもおられるほどです。

軽度の方でも髪の毛をとかすと額にピリピリと軽く電気が走る感覚が出たりと症状は様々ですが、いずれの方も頭痛に悩まされてるようなので、肩こり首コリがひどい方で心当たりのある方は是非ご来院ください。針治療でかなり改善します。




先に首のこりが原因の一つと書きましたが・・



もう一点大事な要素があります、坐骨神経痛のページにも書きましたが、帯状疱疹ウイルス(ヘルペスウイルス)がかかわるケースがあるのです・・この症状は頭頚部にも出るのですが、後頭神経の領域は毛髪に覆われてるために発疹を見つけにくく、判断が遅れる場合があり注意を要します。初期症状は緊張型頭痛に近い要素もあるので、普段から頭痛持ちの方や、毛髪量の多い女性の方は尚更鑑別が難しくなるのではないでしょうか?坐骨神経痛同様、重い後遺症を残さないためには、医療機関での加療、抗ヘルペスウイルス薬の早期投与が予後を左右すると思います。


私は初診時から頭皮と耳たぶ周りの観察をしっかりと行っております。ニキビかどうかの質問もよくするかと思いますが、このような事情がある為お気を悪くなさらないでください。

 

顎関節痛  歯痛 耳鳴りも起こす筋肉

内側翼突筋トリガーと関連痛
顎関節痛トリガー 内側翼突筋Trp当治療院の美容指圧・美容整体施術でターゲットになるのは主に過緊張した咬む筋肉なのですが、なかでもこの内側翼突筋には特に着目しております。美容鍼・美容整体指圧に関してはまた別のページで説明しますが、ここでは関連痛について書いてみます。この筋肉のトリガーが活性化する要因は色々ありますが、ストレートネックもその一つとなります。
耳の周囲に関連痛を生じさせ、しばしば歯や骨には異常がないのに発症する非歯原性歯痛の原因となるとされ、歯科医師もここのトリガーポイントに注目される方もおられるようです。私個人としては耳の周囲に集中したTravellの図よりももう少し広い範囲で頭蓋内や鼻の奥と言った領域にかなり強い放散痛を出すように思います。程度により耳鳴りも起こす場合があります。
頬骨の下、あごの下から指を喰いこませてこの筋肉を押圧しますが、トリガーが不活化して通常のコリ程度になると指圧刺激や軽いマッサージでも気持ち良く感じるようになります。咬む筋肉は、頸椎、肩甲骨と頭蓋骨の位置等、絶妙なバランスを保つことで正常に働きますが、これが崩れると頭頸部に様々なトラブルを生じてしまうのです。 

 

お問い合わせ

足柄上郡・南足柄市・小田原市の
指圧・マッサージ 鍼灸 整体 治療
 

快晴鍼灸院(カイセイシンキュウイン)
 
足柄上郡開成町古田島4345−5 杉山ビル1-C
電話番号 0465-83-0380 午前8時より受付開始いたします。
営業時間 10:00 〜21:00 (最終受付20:00)
(土曜日・日曜日も営業しております)定休日 木曜日  
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。


ページトップに戻る