HOME > 腰痛・坐骨神経痛などについて
head_img_slim

お問い合わせをお待ちしております
TEL. 0465-83-0380
営業時間 AM10:00 〜 PM21:00
受付は午前8時より

腰痛、坐骨神経痛など 下半身の痛みシビレ等について

腰痛 股関節周の痛み 腸腰筋(大腰筋)

腸腰筋トリガーと関連痛

健康番組などの腰痛特集で【腰痛の原因】となる筋肉として取り上げられる「大腰筋」。
骨盤内側の腸骨筋とひとまとめで腸腰筋と呼ばれ、両者ともとても深いところにある、俗にいうインナーマッスルです。ここでは大腰筋のみ触れさせていただきます。デスクワークで座位を長時間とる方などは、この大腰筋を縮めた状態が続きます。この姿勢からくる血行不良で痛みの悪循環が起こり、虚血が長く続くことでトリガーポイントが活性化します
上の画像左の緑色の×部分が筋肉に出来たトリガーポイント(一部)
画像右の赤色部分が関連痛の出現範囲です。

下部の一部分以外は指で触れられない筋肉ですが、鍼を用いた刺鍼刺激で関連痛を誘発されるかどうかでこの筋が原因かどうかわかります。腰背部と股関節に関連痛を生じさせ、刺鍼による探索で筋肉が非常に硬くなっていることがよくわかります。

通常はストレッチを用いて緊張を緩めることが多い部分です。通常の体表からのマッサージ・指圧等のみでこの筋肉を緩めるのは難しく、独自のストレッチなど整体治療法を作り出す治療家さんも多い部位です。

 

腰痛 頑固な腰のコリと臀部(おしり)に関連痛を出す腰方形筋

腰方形筋トリガーポイント

腰方形筋、これは非常によく凝る筋肉で、疲労が原因で起きる腰痛の方の多くにここの数か所にしこりがあります。特に第二腰椎の外方から背骨の突起(横突起)に向かって圧をかけると、丁度しこりを指圧する指と骨の突起で挟み込むようになるわけですが、その時に強い放散痛(関連痛)が出現します【この位置は腰痛の特効ツボ 志室 があります 】。はり治療や指圧にて虚血圧迫にて結構改善を行い、トリガーが不活性化して深刻な腰痛から、落ち着いた通常のコリ程度になるとマッサージや指圧がとても気持ち良く感じる筋肉です。骨盤にこの筋肉が付着するギリギリのラインにもトリガーが出来、こちらは鋭い痛みが出る方が多いようですが比較的治療はやりやすい部位ですので割合に早く痛みは消えます。
骨盤の角度にも大きく影響を与え下肢長の不均衡を生じさせ易い筋肉なので早期に治療することをおすすめしたい部位です。

 

坐骨神経痛【坐骨神経痛に似た症状】を出す小殿筋 

小殿筋トリガーと坐骨神経痛様関連痛 【シビレるような放散痛】
治療院に来院なさる方でで長時間のデスクワーク等を強いられる方々の臀部には大抵頑固なコリがあることが多く、この中でもこの小殿筋トリガーの位置に、ゴリッとしたしこりが出来ている場合があります。関連痛【シビレ】ではないが響く痛みの生じる部位は『坐骨神経痛』と似た位置に出ることが多いですが、同時に腰痛があったり大腰筋等の短縮なども起きていることが多い為この部分だけ単体で治療することはほとんどありません。腰下肢全体を施術することで『坐骨神経痛』様のシビレに似た関連痛は大概消失します。筋肉量の多い男性の方の場合側臥位(横向き)に寝ていただき虚血圧迫的に指圧・指圧整体もしくは肘を用いてやや強めに圧迫・解放することでトリガーを不活性化します。鍼灸はり治療もよく効く部位です。
冬季は貼る
カイロを使って局所を温めてあげることで血流改善にもなる『カイロ』養生法も効果的です。

滑液包炎も部位によってはトリガーポイントと紛らわしい痛みを出しますし、腰椎椎間板ヘルニアなどが原因となる根性坐骨神経痛も鑑別を見誤らないよう注意が必要ですが、関連痛や放散痛の種類が違いますので、国家資格所持者であれば治療適応かどうかの鑑別は大丈夫だと思われます。法律上私たちは診断行為は出来ませんので。痛み方や状況により医療機関の受診をおすすめすることもあります。

坐骨神経痛 カイロ (使用法について)
 

臀部の痛みから坐骨神経痛【足のシビレ】まで起こす梨状筋

坐骨神経痛 梨状筋症候群と梨状筋トリガーポイント

長時間のデスクワークの方や立ち仕事の方々に見られる症状ですが、陸上競技をなさる方にも多い梨状筋症候群。長距離ドライブの後に症状が出る方もおられます。
この筋肉のトラブルは初期の内は、トリガーポイントによる2つ目の画像の赤色部分位置に響く痛みが筋肉への刺激で「ジワ〜〜ン」という放散痛が誘発される程度ですが、早期に何かしらの対策をしないと筋肉のさらなる緊張、拘縮(硬化)が起き、下を走る坐骨神経(上の画像の黄色の部分)を一番上の赤い部分(梨状筋)と下の赤い部分(双子筋)との間で圧迫(絞扼・しめつけ)が起き始めます。


そのころから足にビリビリという電撃様の感覚【シビレ】が出始めるようです。
私たちはレントゲンなどの検査手段がありませんので「Kボンネットテスト」「Freiberg test」という徒手検査で梨状筋が坐骨神経痛の原因となっているのかどうか見極めるのですが、このテストで足に響く痛み、しびれが出ることと、他の徒手検査【SLR(足を挙上してシビレが出るか?)・FNS(太ももの神経を伸ばして痛みシビレが出るか?)腱反射、筋力検査】等で腰椎椎間板ヘルニアなどの『根性坐骨神経痛』の徴候が無い場合に『梨状筋症候群による坐骨神経痛』陽性と鑑別します。
ここまできても何も手を打たないでいるといよいよ絞扼(締め付けている)部分と神経の間に炎症が起き本格的に足がシビレる『坐骨神経痛』に発展してしまいますし、炎症の期間によっては後遺症が出ることも。。
ここまで来てしまったらお医者様頼りですね。注射や消炎鎮痛剤などの処置をしてもらう必要があります。炎症が起きている期間は長時間の入浴で温めすぎたり飲酒などにより症状が悪化する可能性がありますのでお気をつけください。

私たちの行うマッサージ、指圧、針はり治療、ストレッチ的な『指圧整体』は初期の段階の筋緊張を緩めることに関してはベストな治療法です。東洋医学ならではの
坐骨神経痛特効ツボ「環跳穴」「委中穴」「承山穴」も積極的に使用します。トリガーポイントが出来た段階での早期の治療、来院をお勧めします。
痛みが「ジワ〜〜ン」から「ビリビリ」に変わったら赤信号です!!『坐骨神経痛』
炎症のない早期の段階でしたら血流改善目的として貼るタイプの
『カイロ』を局所に貼る【カイロ】養生法お勧めです。
(低温やけどにはくれぐれも注意してくださいね。)


ウイルス疾患による坐骨神経痛 (施術適応外,投薬治療が優先)

【帯状疱疹・坐骨神経痛】バラシクロビル錠・抗ウイルス薬
頭痛、側腹部痛、坐骨神経痛様症状、これらの症状の対応中「不自然な痛み」の方々に出会う場合があります。

例として・・・頭痛においては、「元々頭痛持ちではないし肩こりや首筋のコリも無い」坐骨神経痛様の症状の場合「腰痛持ちでもなく、臀部のコリも元々全くない・・・。」

不自然というのは慢性疾患ではない何かを感じる症状ということです。 

慎重に対応致して行きますが、指圧・マッサージ・鍼灸師として、できる限りの問診、徒手検査を行っても他の器質的な疾患もなさそう・・・・。
この類の症状、帯状疱疹の前駆症状の痛みの可能性もあり、かなり慎重に対応します。
症状特有の発疹や水疱(疱疹)があれば患者様ご本人でも異常に気がつくと思うのですが、他の症状が出にくく、発疹が見つけやすい脇腹以外では疱疹出現前の鑑別はかなり厳しいのではないでしょうか。

私も今までに何例かこの発疹、疱疹出現前に痛みが出た症状の方に出会っておりますが、この時点では医師でも鑑別が困難なようです。初期症状の観察力の大切さを痛感しました。


早期受診と、抗ウイルス薬の早期投与が予後を左右しますので、問診により、少しでも疑わしい場合には医師の診察をお願いすることもありますので、よろしくお願い致します

もし後遺症
【帯状疱疹後神経痛】【足のしびれや痛み】が出てしまった場合には、鍼灸治療による鎮痛作用とマッサージの血行改善により早く症状の改善に導きます。

根性坐骨神経痛(腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症)

坐骨神経痛、紛らわしい症状も色々ありますが、腰椎椎間板ヘルニアこれこそ坐骨神経痛の最強の原因となる疾患です。医師によるMRIなどの画像診断上の所見で明らかに神経の根っこに圧迫を起こすような要素があり、医師の主観頼りの徒手検査等も陽性、問診上もこの症状を否定する要素がなければ確定診断されることと思います。

私共も、足を持ち上げるSLRテストや腱反射など各種徒手検査で症状鑑別をしますが、あお向けに寝て頂き足を持ち上げた際に足にシビレが出る、ラセーグ徴候の出方次第で当院では施術禁忌とさせて頂く場合があります。(この検査が陽性でも腰椎椎間板ヘルニアではないことも多々あります)


神経の根っこの部分に圧迫やひどい炎症があり【電撃様のシビレ・痛み】があるのならば、私たちの出る幕はありません。お医者さんで消炎剤を出してもらい保存療法で様子見か、状況により手術となることもあります。

ただ私の20年以上のの臨床経験上、仕事等の都合で手術に踏み切れず放置してた方が症状消失したケースも遭遇しております。
放置は推奨しませんが、ヘルニアは長い年月をかけて縮小し神経の圧迫もなくなるということも言われております。
(画像診断の技術は目覚ましい進歩がありますが、本当の痛みの発生源は神のみぞ知るという部分もあるようです。)

炎症やの症状の程度により医師との相談の上、保存療法と痛みに対する投薬を続け、その後痛みの軽減に鍼灸、局所の修復・改善を促す目的で血行促進の指圧・マッサージ治療で様子見をしてみても良いのではないでしょうか?



当院がこの症状に対してお力になれるのは・・

医師による一通りの加療が終わり、その後辛い症状がある場合には鍼灸の鎮痛作用、マッサージの血行促進作用で、より早く症状の改善に導きます。


主治医先生の同意があれば【坐骨神経痛には鍼灸の保険治療】が認められます。

ご相談ください。

紛らわしい坐骨神経痛 アルコール・大量飲酒者は要注意の疾患

アルコールを常に摂られる方とこの症状色々な意味で関連してきます。
座敷であぐらを強要される飲み会や、炎症期の飲酒などは症状を悪化させ、
坐骨神経痛を治すにはマイナスとなる要素が多すぎるようです。

だからこそ見落とされやすい疾患があります。・・・

それは・・突発性大腿骨頭壊死症。原因不明の珍しい病気とされてますが、アルコール大量摂取者に比較的多いといわれる疾患です。

太ももの中の太い骨の頭、足の付け根の部分が壊死することで、色々な形の痛みが出るわけです。初期症状がは坐骨神経痛や脊柱管狭窄症と限りなく近い症状から始まることもありますが、珍しい病気だけにいきなり骨頭壊死症など疑われることはないようです。
坐骨神経痛に似た症状と股関節痛、脊柱管狭窄症特有の間欠性跛行などとても紛らわしい症状が出るので、初期症状の段階での鑑別は難しいのではないでしょうか?

飲酒は体内で起きている炎症を悪化させますし、あぐらを強いられる座敷での飲み会であればなおさら股関節に負担をかけますので、病気を考えるより「呑み」で痛みが増したと思い込む方もいらっしゃることと思います。
【坐骨神経痛 アルコール】
ネットでこのワードを調べられている方は色々な思いあるのでしょう。

発症率は高くないようですが、大量飲酒習慣のある方やステロイド薬使用者は要注意の病気となりますので、私も鑑別には神経質になります。股関節にあぐらをかかせるような負荷をかける徒手検査(パトリックテスト)が陽性で他にも怪しい要素がある場合には整形外科の受診をお願いすることもございますのでよろしくお願いいたします。



指圧・マッサージ・鍼灸師がこの症状に対しお力になれるのは・・

整形外科受診を先行し、腰、股関節どちらもレントゲン検査で異常がなかった場合、筋疲労やトリガーポイントが痛みしびれの原因となっていることが多いので当院にお任せください。

坐骨神経痛 腰痛に、鍼治療はとても有効な治療方法です。
他にも
整体・カイロプラクティック
などの技法も駆使し、辛い症状の改善に取り組んでまいります。




お問い合わせ

指圧・マッサージ はりきゅう治療 
小田急小田原線開成駅前
快晴鍼灸院(カイセイシンキュウイン)
 
足柄上郡開成町古田島4345−5 杉山ビル1-C
電話番号 0465-83-0380 午前8時より受付開始いたします。
営業時間 10:00 〜21:00 (最終受付20:00)
(土曜日・日曜日も営業しております)定休日 木曜日  
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。


ページトップに戻る