HOME > コンテンツページ
head_img_slim

お問い合わせをお待ちしております
TEL. 0465-83-0380
営業時間 AM10:00 〜 PM21:00
受付は午前8時より

痛みについて

なかなか治らない頑固な痛み (痛みの慢性化 悪循環)

痛みの悪循環 痛みの悪循環 模式図

体の各所に起こる痛み・・・炎症性のものから心因性の物まで様々です。大きく分けて(急性の痛み)(慢性の痛み)の2つにになりますが、当院の適応症状のほとんどが(慢性の痛み)となります。
指圧 マッサージ はり治療院に来院される方々の多くは、主に肩こりや腰痛など筋肉の疲労から来る痛みに悩まされている方々が目立ちます。 筋肉の疲労により生じる不快感の中に「コリ」がありますが、発生初期であれば各種治療でに楽になるのですが、放置したり仕事の都合で痛みを起こす要素から解放されずにいると上のイラストのように痛みの悪循環が出来上がってしまいます。

指圧・マッサージ はりきゅう鍼灸治療による症状改善について

当院の施術、はループの中の複数の点にアプローチできるので、慢性の痛みから徐々に解放させて行きます、指圧・マッサージでは上記イラストの中の、筋肉内の血液循環を改善させ老廃物を流します。
はり治療鍼灸は、血流改善効果とともに鎮痛効果もありますから、上記イラストの自律神経の緊張と筋肉を必要以上に緊張させる神経の興奮を抑えることができるのです。

 

トリガーポイントと痛みの勘違いについて

収束投射説
痛みが慢性化して頑固な物になってくると、筋肉と神経、脳との間の信号に、さらに別の要素の痛みの悪循環を起こすような回路が出来てしまい、痛み信号が暴走すると実際の痛みの発生源とは別の場所に痛みが出てると脳が判断してしまうことになります。 このループが出来てしまったコリを刺激すると、コリの位置から離れた場所まで痛みを感じる場合があります。 その痛みを関連痛と呼び関連痛を引き起こすようになってしまったコリがトリガーポイント。トリガーポイントが活性化してしまっている状態では初期のコリを和らげるような治療ではなかなか症状が治まりません。また治療の刺激量も非常に難しくなります。不適切な刺激がさらにトリガーポイントを活性化してしまう場合もあるようです。 強刺激による揉み返しは別として、かなり弱めの治療を受けたのに症状が悪化してしまう例などは、肩こりから来る頭痛などに特によく見られます。  当院の治療は、虱潰し的にトリガーポイントを見つけ出し不活性化して行きますが、根気よくトリガーポイントと向き合うことで、様々な随伴症状の軽減目指します。

 


お問い合わせ

指圧・マッサージ はりきゅう治療 
小田急小田原線開成駅前
快晴鍼灸院(カイセイシンキュウイン)
 
足柄上郡開成町古田島4345−5 杉山ビル1-C
電話番号 0465-83-0380 午前8時より受付開始いたします。
営業時間 10:00 〜21:00 (最終受付20:00)
(土曜日・日曜日も営業しております)定休日 木曜日  
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。


ページトップに戻る